トランペット自動車のエンジンには各メーカーや車種によって様々なタイプのものが開発されていて、それぞれ自動車に最適な方法で取り付けられています。エンジンの中には直列エンジンと呼ばれているものがありますが、シリンダーを直列に並べているタイプになります。対照的なものとしては、いくつかのエンジンタイプが存在していますが、代表的なものとしてはV型エンジンと呼ばれているものが存在しています。V型の場合ではシリンダーをVの字に配列しているタイプになり、シリンダーの多いエンジンなどに向いている構造になります。そんな中、縦置き直列エンジンというものも存在しています。直列エンジンの場合では横置きの車両が多い傾向にあるのですが、縦置きの場合では、左右のバランスがとりやすく、車両の前後の重量配分も良好になる傾向にあります。その一方で、シリンダーが5気筒や6気筒などの多い数を誇っている車両の場合では、エンジンが縦長になるために、一定以上のエンジンルームの長さを必要としており、どちらかと言えば大きな排気量でロングノーズとなっている、比較的大きなセダンタイプの車両に向いていると言えます。また、ホイールベースも大きくなる傾向にあり、一定の車格を持った車両に相応しいエンジンになります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。