自動車のレシプロエンジンにはいくつか種類があります。
「水平対向エンジン」はその中の一種です。

このエンジンの特徴は、ピストンを収めてガソリンを燃焼させるシリンダーが、クランクシャフトを真ん中に挟んで左右に向かい合っている形状をしていることです。

左右で1対のシリンダーで1つのクランクを動かします。
そのため1対のシリンダーは同じ点火タイミングになるので、お互いの振動を打ち消し合うというメリットがあります。

上下方向に可動するパーツが無いため、エンジンの高さを低く出来るメリットがあります。
そのため、自動車などの安定走行に必要な低重心が自ずと実現できるエンジンと言えるでしょう。

ストロークを短くしても、シリンダーブロックが左右に張り出すことになるため、エンジンの幅が広くなりがちです。
そのため、搭載には広いエンジンスペースが必要になったり、小型化しづらいという欠点があります。

レシプロエンジンの中では、主流となっているのは小型化しやすい直列エンジンです。
このタイプのエンジンとしては、国内では富士重工業のボクサーエンジンなどがその代表です。
海外ではポルシェがこのタイプのエンジンを搭載したクルマを販売しています。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。