車のエンジンには欠かせないエンジンオイル、その役目は潤滑油と呼ばれるようにエンジン内部のピストンとシリンダーの摩耗を防ぐ役割があります。
また潤滑させることでエンジン内部を冷却させる役割があり、オイルが皮膜をつくることで圧縮させる役割もあります。
しかしこれはどんどん劣化してくので定期的にメンテナンスをしなければなりません。いわゆるオイル交換を定期的に行うということです。
オイルが劣化するというのは、長い期間乗り続けることでまず汚れてきます。そして熱によって粘度に影響が出てきたり、オイルは油なので酸化してしまいます。ピアノ02
そうなるとオイルの粘度が増してしまいエンジンの回転が重たい状態になるので、パワーがでなくなったり燃費が悪くなったりと影響が出てきます。
また少なからず燃焼されてしまうこともあり、オイルの量もだんだん減ってきます。
これら汚れと残量はオイルゲージで確認することができます。黒くなってきたり残量が減っていると交換が必要です。
このように劣化する前に定期的に交換をします。一般的には3000キロから5000キロ走行ごとに交換するのが目安ですが、街乗りでの信号待ちや渋滞が多い場合、その間もエンジンは回転しているのでそのような場合少し早めに交換します。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。