車の点検をする場合、自分では中々交換できない部品について交換をお勧めされるということがあります。その様な機会が比較的多い備品としてオイルフィルターという部品の交換があります。このフィルターというものは、エンジンオイルやATF、潤滑油、油圧オイルなどからスラッジや磨耗粉などの不純物、ごみを取り除くことも目的に設置されている部品です。カーディーラーではオイルエレメントという呼ばれ方をされている場合もありますがこれは同じものを指しています。
この部品はエンジン等をスムーズに回転させるために使うもので、調子の良い上体を長く保たせるためにはエンジンオイルとフィルターのメンテナンスは非常に重要な要素です。定期的な交換によってエンジンのスムーズな回転が維持されますので燃費向上に寄与し、けっかとして環境保全にも影響があります。この部品の交換は10000km~15000kmの走行ごとに一回程度行うのが目安ではありますが、オイルの汚れ方によってはもう少し短いスパンで交換したほうが良いと判断されることもあります。いずれにしてもプロの目で見て判断をしてもらい、その情報を元に交換時期を決めるのが良いといえるのではないでしょうか。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。