私たちが日常的に利用している車ですが、それには数多くの部品が使われていることはみなさんもご承知の事でしょう。その中でもエンジンは原動機とも呼ばれ、車を動かすための動力発生装置として用いられているパーツです。車の中でも、最も大切な部分となります。
その原動機には様々な種類があるということは、もしかしたら知らない方の方が多いのではないでしょうか。どのメーカーにも車に搭載されているものの、全てが同じ訳ではないのです。各メーカーごとに特徴のある原動機を生産しており、その形によって車の走行性能が大幅に違いが出てきます。
一般的に使われている原動機は直列型になります。これをボンネット内に縦向きに配置するのか、または横向きに配置するのかによって車のバランスが変わってきます。その他にもV型のものもあります。これは左右にシリンダーが分かれますので、振動を抑えるという効果があるものです。
更に水平対向の形のものがあります。特にこちらは富士重工業が開発した原動機で、左右の真横向きにシリンダーが配置されているタイプとなります。車の重心が低く抑えられることによって、車の安定性が格段に良くなる効果があり、多くくの方がこのタイプを支持しているのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。